コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

江利川ちひろ

江利川ちひろ

江利川ちひろ

江利川ちひろ(えりかわ・ちひろ)/1975年生まれ。NPO法人かるがもCPキッズ(脳性まひの子どもとパパママの会)代表理事、ソーシャルワーカー。双子の姉妹と年子の弟の母。長女は重症心身障害児、長男は軽度肢体不自由児。2011年、長男を米国ハワイ州のプリスクールへ入園させたことがきっかけでインクルーシブ教育と家族支援の重要性を知り、大学でソーシャルワーク(社会福祉学)を学ぶ。

  • NEW

    医ケア児の学校生活と保護者の負担減らすには 長女が前例ない「酸素導入」を実現するまで

    障害のある子と生きる家族が伝えたいこと AERA

    「インクルーシブ」「インクルージョン」という言葉を知っていますか? 障害や多様性を排除するのではなく、「共生していく」という意味です。自身も障害を持つ子どもを持ち、滞在先のハワイでインクルーシブ教育に出会った江利川ちひろさんが、インクルーシブ教育の大切さや日本での課題を伝えます。*  *  *■医療...

  • 「命は長さより濃さ」 たとえ短命になっても長女の手術を「しない」と決めた日

    障害のある子と生きる家族が伝えたいこと AERA

    「インクルーシブ」「インクルージョン」という言葉を知っていますか? 障害や多様性を排除するのではなく、「共生していく」という意味です。自身も障害を持つ子どもを持ち、滞在先のハワイでインクルーシブ教育に出会った江利川ちひろさんが、インクルーシブ教育の大切さや日本での課題を伝えます。■短命になっても手術...

  • 「助けるにはオペしかない」でも 肺を潰して進行する側弯症の治療に家族は葛藤した

    障害のある子と生きる家族が伝えたいこと AERA

    「インクルーシブ」「インクルージョン」という言葉を知っていますか? 障害や多様性を排除するのではなく、「共生していく」という意味です。自身も障害を持つ子どもを持ち、滞在先のハワイでインクルーシブ教育に出会った江利川ちひろさんが、インクルーシブ教育の大切さや日本での課題を伝えます。 長女は重度の側弯で...

  • 15歳で仕種は「赤ちゃんのまま」でも感情表現豊か 重心児の長女が教えてくれた幸せの価値

    障害のある子と生きる家族が伝えたいこと AERA

    「インクルーシブ」「インクルージョン」という言葉を知っていますか? 障害や多様性を排除するのではなく、「共生していく」という意味です。自身も障害を持つ子どもを持ち、滞在先のハワイでインクルーシブ教育に出会った江利川ちひろさんが、インクルーシブ教育の大切さや日本での課題を伝えます。■重心児の長女の日常...

  • 「私のせいだ」長女の病気の告知の日、涙する妻の隣で夫が伝えた力強い言葉とは

    障害のある子と生きる家族が伝えたいこと AERA

    「インクルーシブ」「インクルージョン」という言葉を知っていますか? 障害や多様性を排除するのではなく、「共生していく」という意味です。自身も障害を持つ子どもを持ち、滞在先のハワイでインクルーシブ教育に出会った江利川ちひろさんが、インクルーシブ教育の大切さや日本での課題を伝えます。■告知を受けるという...

おすすめの記事おすすめの記事