平昌五輪特集

AERA dot.

小島慶子

このエントリーをはてなブックマークに追加
小島慶子

小島慶子

小島慶子(こじま・けいこ)/タレント、エッセイスト。1972年生まれ。家族のいるオーストラリアと日本との往復の日々。近著に小説『ホライズン』(文藝春秋)。最新刊は『るるらいらい 日豪往復出稼ぎ日記』(講談社)

  • NEW

    小島慶子「孤独と分断の日本に残された唯一の道は…」

    幸複のススメ! AERA

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの中から生まれる思いを綴ります。*  *  * あれから孤独について、ずっと考えています。イギリスの「...

  • 小島慶子「ネットに溢れる自意識。客席はガラガラなのに、舞台の上は人でいっぱい」

    幸複のススメ! AERA

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの中から生まれる思いを綴ります。*  *  * 文芸誌の新人賞には、発行部数の何倍もの応募があるそうで...

  • 小島慶子「誰かにとっては、あなたとの会話が忘れられない言葉になるかも」

    幸複のススメ! AERA

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの中から生まれる思いを綴ります。*  *  * 1月17日にイギリスで「孤独担当大臣」というポストが新...

  • 小島慶子「マーガレットリバーで感じた豪州の夏と息子たちの成長」

    幸複のススメ! AERA

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの中から生まれる思いを綴ります。*  *  * 1月に、自宅のあるパースから車で3時間ほどのマーガレッ...

  • 小島慶子「テレビは30年前で時間が止まっているのか」

    幸複のススメ! AERA

     タレントでエッセイストの小島慶子さんが「AERA」で連載する「幸複のススメ!」をお届けします。多くの原稿を抱え、夫と息子たちが住むオーストラリアと、仕事のある日本とを往復する小島さん。日々の暮らしの中から生まれる思いを綴ります。*  *  * 顔を黒く塗って黒人に扮するブラックフェイスと、ベッキー...