第1287回 腕にタッチで会話が成立! |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1287回 腕にタッチで会話が成立!

バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 レオ、8歳、雄のミニチュアシュナウザー犬です。

 先代の犬が17歳という高齢で突然家出したまま行方不明になり、悲しくてもう二度とワンコは飼わないと決めました。ところが9年前に仕事を辞めたら自由な時間ができ、禁を破ってレオを迎えました。

 過去3代の犬たちと違い、初めて室内で24時間を共にするので、気持ちがよく通じます。また、この犬種の特徴で毛があまり抜けないため、室内やクルマの中がいつもきれいだし、生後5カ月くらいから家の中では粗相をしなくなったので妻も大喜びです。

 7年前に私が脳梗塞で緊急入院したとき、レオは寝室の自分のベッドではなく、玄関のマットの上で11日間、ずっと私を待ちながら寝ていたそうです。退院して帰ってきたときには喜んで飛びついてきてくれました。

 彼は“ドライブ犬レオ”と呼ばれるほどクルマ好きで、かれこれ8万キロ以上は乗っています。

 後部座席の真ん中が指定席で、センターコンソールに前脚をかけ、前方の景色を眺めながらサーファーのようにバランスをとってどこまでも行きます(写真)。

 前方に散歩犬を発見すると、そのワンコがクルマの横あたりまで来るのを待って威嚇して吠えます。「ここはおまえのテリトリーじゃない!」と、いつも叱るのですが……。

 レオは何かしてほしいとき、私の腕に前脚でポンポンと合図してきます。「おしっこ?」とか「散歩?」と質問すると、ソレ!と腕にタッチしてくるので会話が成り立ちます。

 息子が地元の支店に転勤になり、20年ぶりに帰ってきました。レオは、ずっと2番目だと思っていた家庭内の地位を、新参者に脅かされるとでも思ったのか、なかなか懐いてくれません。それが少し残念です。

(三木繁男さん 長野県/72歳/無職)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。
尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2018/8/ 9 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい