第1079回 十八番は「桃ぽっぽ」!?

2014/06/12 10:56

 まもなく2歳になるオカメインコのピーチュ(写真、雄)です。おっとりトロくてどんくさい。イケメンの兄弟が先に売れ、1羽だけ残っていたのを、娘が連れ帰ってきました。
 ペットショップのお兄さんによく可愛がってもらったのでしょう。人が大好き。人の耳の穴にクチバシを突っ込み、聞いて! とばかりに歌うので、うるさいやらくすぐったいやら。
 曲目は鳩ぽっぽから桃太郎、ピタゴラスイッチまでお手のものですが、飽きっぽいのが玉にきず。途中でアレンジが入り、桃ぽっぽや鳩スイッチを聞かされる羽目になります。
 ワンとかニャーとか言いながら(鳥です)、人の後を小走りで(たぶん鳥です)ついてくるので、危なくてしょうがありません。
 鳥と人間の質量差について言い聞かせ、なんとか危機感を持ってもらおうと、上から踏むまねをしてみたのですが、「なーに?」とキラキラした瞳で足の裏を見上げ、あまつさえ撫でてくれるのかと背伸びして頭をすりすり。
 オカメインコの野性はどこにいってしまったのでしょうか。そして何でしょうか、この足の裏が幸せという初めての感覚……。ああ困った。まったく困った。いったいどうしてくれよう。
 さらにメロメロなのが娘で、贔屓のアイドルもアロマキャンドルも封印。部屋はオカメグッズに彩られ、鳥カフェに通いだす始末。
 日々オカメ化、バードナイズされていくわが娘に、しかし同病相憐れむ母は止めるすべを持たず、このグッズ製造元にはオカメインコを飼う社員さんがいる、いないで盛り上がります。
 わずか85グラムのオカメインコの体重。それが自ら飛んできて、私の肩に乗っかる。これこそが命の重さ、愛の重さ。こんなに幸せな85グラムを他に知りません。

あわせて読みたい

  • 第1159回 謎の言葉で甘える「ガリレオ」

    第1159回 謎の言葉で甘える「ガリレオ」

    週刊朝日

    1/14

    第1348回 インコのナナちゃん、感動の初産

    第1348回 インコのナナちゃん、感動の初産

    週刊朝日

    11/8

  • 新築の壁に傷が増えても猫中心で幸せ! ニャルソックが日課の鍵しっぽ&ハチワレ兄弟

    新築の壁に傷が増えても猫中心で幸せ! ニャルソックが日課の鍵しっぽ&ハチワレ兄弟

    週刊朝日

    10/25

    第1278回 おちゃめで陽気な小さい“恐竜”

    第1278回 おちゃめで陽気な小さい“恐竜”

    週刊朝日

    6/7

  • 第1146回 「帰ってきたぁ」がかわいいけれど

    第1146回 「帰ってきたぁ」がかわいいけれど

    週刊朝日

    10/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す