佐久間良子と村井國夫が51年ぶりにタッグ、能を題材にしたオペラで 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

佐久間良子と村井國夫が51年ぶりにタッグ、能を題材にしたオペラで

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

佐久間良子と村井國夫が51年ぶりにタッグ、能を題材にしたオペラで

佐久間良子と村井國夫が51年ぶりにタッグ、能を題材にしたオペラで


 佐久間良子主演、村井國夫、尾上右近が出演するオペラ『ストゥーパ~新卒塔婆小町~』の記者会見が、8月28日都内にて開催された。

 本作は、能の名作「卒塔婆小町」を題材に、西本智実が脚本を書いた革新的なオペラ作品。和楽器を全く使わず、西洋の楽器のみで尺八や鼓の音などが表現されている。芸術監督と指揮も務める西本は、本作について「日本以外でも上演できるように、西洋の楽器だけで和楽器を表現したかった。日本の古典の余白や曖昧さという美しさを西洋のスタイルで伝えられれば」と述べた。

 そして今回、本作に初めて出演する村井は1967年の映画『大奥(秘)物語』以来、51年ぶりに佐久間と共演を果たす。村井は「お互い50年間、現役で活動することができて、こうやって共演できることに喜びを感じている」と笑顔を見せ、「とても難しい作品だが、声と動きの美しさを大切にし、ドラマティックに演じたい」と意気込みを述べた。そして、初演からずっと主役の小野小町を演じている佐久間は「多くの男性から恋焦がれられた華やかな存在の裏に隠された、小町の後悔や情念なども伝えられれば」と、役に込めた思いを語った。

 本公演は、2018年12月1日にソニックシティのオープン30周年記念として上演される。西本は「日本の古典作品には、何百年も変わらないメッセージや、今私たちが生きる上で大切なヒントも込められている。会場に合わせた演出で、現代を生きる私たちにも、楽しめる要素を盛り込めることができれば」と締めくくった。チケットは8月29日より一般発売スタート。


◎公演情報『ストゥーパ~新卒塔婆小町~』
2018年12月1日(土)14:00
ソニックシティ 大ホール
出演:佐久間良子、村井國夫、尾上右近
芸術監督・脚本・作曲補・指揮:西本智実
作曲:織田英子
舞踏:玄玲奈
管弦楽:イルミナートフィルハーモニーオーケストラ
合唱:イルミナート合唱団、埼玉県立伊奈学園総合高等学校音楽部
スペシャルトーク:中井美穂


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい