カーリー・サイモン、『ライヴ・アット・グランド・セントラル』の音源&パフォーマンス映像解禁
カーリー・サイモン、『ライヴ・アット・グランド・セントラル』の音源&パフォーマンス映像解禁

 カーリー・サイモンが、1995年4月に米ニューヨークのグランド・セントラル・ターミナルで行った伝説のサプライズ・コンサート『ライヴ・アット・グランド・セントラル』の音源が配信スタートし、YouTubeではライブ映像が公開された。

 音声は【グラミー賞】を複数回受賞したプロデューサー兼エンジニアのフランク・フィリペッティがリミックスを担当し、映像はデジタル化され、HDに変換されたのちに再編集された。

 1995年4月、グランド・セントラル駅を通る通勤者たちは、メイン・ターミナルの中央で無告知のフル・コンサートを行うサイモンとそのバンドに偶然出くわすという嬉しいサプライズにあずかった。コンサートは当時発売されたばかりのアルバム『届かぬ手紙』収録の「太陽にむかって」からスタート。『届かぬ手紙』収録曲を中心に、映画『ワーキング・ガール』(1988年)の主題歌として大ヒットした「レット・ザ・リヴァー・ラン」、代表曲の「アンティシペイション」や「幸福のノクターン」、「ライク・ア・リヴァー」などが披露された。

 カーリー・サイモンにとって14年ぶりとなったコンサートは、米ライフタイムの特番用に収録・放映され、同年にVHSとレーザーディスクでリリースされた。フル・パフォーマンスを収めたオーディオ作品はこれまでリリースされたことなく、今回が初となる。

◎リリース情報
アルバム『ライヴ・アット・グランド・セントラル』
2023/1/27 RELEASE
https://SonyMusicJapan.lnk.to/CarlySimon_lagc