羽田空港昼間時間帯発着枠をめぐる日米航空交渉が2月16日から18日にかけて行われ、昼間時間帯で双方1日5便ずつ、深夜早朝時間帯枠(午後11時〜翌午前6時)で双方1日1便ずつの配分で決着した。これにより、日米路線の羽田発着枠はこれまでの深夜早朝時間帯の1日8便から昼夜あわせて1日12便に増枠されることになる。運航開始は2016年冬期スケジュールから(2016年10月末)。

続きを読む