メイン画像

GW明けの今日7日、全国的に雨や曇りとなり、暑さはおさまっています。広い範囲で5月上旬のこの時期らしい気温となり、日中も半袖より長袖でちょうど良いくらいです。明日8日は大気の状態が不安定で、雨や雷雨となる見込み。寒気が流れ込む日本海側は、気温が急降下する所も。

GW明け 雨や曇りで暑さおさまる

画像A

ゴールデンウィーク明けの今日7日(火)は、低気圧や前線の通過で、全国的に雨や曇りの天気となっています。
午後2時30分までの最高気温は、九州から東北にかけて22℃前後。沿岸部ほど南寄りの風がやや強く吹いています。
東京都心は22.2℃で、昨日6日(月)よりやや低めの気温です。

この時期としては強い寒気が流れ込んでいる北海道では、朝よりも昼の方が気温が低くなっています。
札幌市の今日7日(火)の最高気温は、午前10時過ぎに観測された17.9℃でしたが、午後2時30分には9.2℃となっており、10℃以下の寒さとなっています。

明日8日は急な雨や雷雨に注意 日本海側など気温が急降下

画像B

明日8日(水)は、上空に強い寒気が流れ込み、大気の状態が不安定となるでしょう。
午前中は日が差す所も、急な雨や雷雨に注意をしてください。特に午後は雨雲が発達しやすく、ザっと雨が強まる所もあるでしょう。空の変化に注意し、明日8日(水)も雨具を備えてお出かけください。

予想最高気温は、今日7日(火)よりも低くなる所が多い見込みです。特に強い寒気が流れ込む日本海側では今日7日(火)より7℃~8℃も低く、20℃に届かない所がほとんどです。北陸から北は15℃以下で、ジャケットが欲しいくらいの寒さでしょう。

東海や関東は午前中の日差しで23℃前後まで上がる見込みです。

週末は各地で夏日が再び増加 真夏日になる所も

画像C

この先、日々の気温の変化がかなり大きくなるでしょう。
明後日9日(木)は、北海道では寒さが解消しますが、東北から九州にかけては最高気温が20℃前後の予想です。東京は20℃に届かない可能性があり、平年を下回るでしょう。

ただ、10日(金)から再び気温が上昇傾向です。
11日(土)をピークに全国的に気温が上がり、北海道から九州にかけて、25℃以上の夏日になる地点が続出するでしょう。中には、30℃以上の真夏日になる所もありそうです。いったん涼しくなると、体が暑さに慣れていない状態に戻ります。熱中症のリスクも高まりますので、お気をつけください。