春の園遊会で言葉を交わす、愛子さまと佳子さま=2024年4月23日、東京・元赤坂の赤坂御苑、JMPA

 天皇、皇后両陛下が主催する春の園遊会が4月23日、東京・元赤坂の赤坂御苑で行われた。招待客を微笑ませたのは、今回が「園遊会デビュー」となった両陛下の長女愛子さまと、それをサポートするように傍らに立つ秋篠宮家の次女佳子さまの笑顔だった。

【写真】微笑ましい「ガールズトーク」中の愛子さまと佳子さまはこちら

フォトギャラリーで全ての写真を見る

*   *   *

 赤坂御苑の「三笠山」から、皇族方の到着を待つ招待客の列へと続く小道を歩きながら、愛子さまはくるっと振り返り、後ろにいた佳子さまに何か話しかけた。

 今回が2度目の園遊会となる「先輩」の佳子さまに、なにか尋ねたのだろうか。

 佳子さまはニコッと微笑み、肯定するようにコクンとうなずいた。
 

 園遊会では、天皇陛下を先頭に皇后雅子さま秋篠宮さま紀子さま、皇族方が並んで招待客の前を進み、順番にお声がけをしていく。それぞれのご両親が招待客と会話をしている間、おふたりは青と白の浅黄幕の前で「順番待ち」となった。

 そう長くはない間だったが、愛子さまと佳子さまが楽しげに言葉を交わす様子は、まさに「ガールズトーク」の雰囲気だった。
 

 公務経験が豊富な佳子さまは、招待客とのやり取りでも愛子さまをサポート。佳子さまと招待客との会話に愛子さまも加わり、佳子さまが愛子さまに向かってうなずき、愛子さまも「そう、そう」と言うように返すシーンも見られた。

 そして紀子さまも愛子さまを交えて招待客と話し、雅子さまも離れた場所から視線を向けていた。

 周囲にあたたかく見守られながらの、愛子さまの「園遊会デビュー」。その様子を写真で振り返る。

(AERA dot.編集部・永井貴子)