メイン画像

関東はこの後も雨が長引いて、帰宅の頃も傘が手放せないでしょう。気温もあまり上がらず、東京都心では日中も10℃を少し超えるくらいの予想です。明日26日も雨が続き、午後は雨や風が強まる所もあるでしょう。

今日25日 帰宅の頃も雨雲かかる

画像A

関東は南部では昨日24日から、北部では今朝から広い範囲で雨が降っています。今日25日の夕方の帰宅の時間帯にかけても雨が降ったりやんだりで、傘が手放せないでしょう。

東京都心の午前11時の気温は、11.2℃(3月中旬並み)となっています。午後もこのままほとんど気温が上がらず、10℃を少し超えるくらいでしょう。空気の冷たい状態が続きそうです。

雨と寒さをもたらしているのは本州の南岸に停滞する前線の影響です。明日26日にかけても同じような場所に停滞するため、さながら梅雨のような天気となるでしょう。

明日26日 午後は沿岸部中心に雨や風が強まる

画像B

明日26日も関東では断続的に雨が降り、時間を追うごとに降り方が強まる見込みです。特に午後は各地で雨脚が強まり、沿岸部を中心に北よりの風も強まるでしょう。明日夕方の帰宅時間と雨や風のピークが重なる可能性もあるので、傘を飛ばされないように十分ご注意ください。

東京都心の気温の予想を見ると、明日も朝から夜まで10℃前後。日中は平年を下回る寒さでしょう。特に雨と北風が強まる午後は体感温度が下がりそうです。風を通しにくい服装でお出かけください。

雨や風が強まる原因は、本州の南岸に停滞する前線上に低気圧が発生して、発達しながら東よりに進むためです。この低気圧が関東の東へ遠ざかる27日は天気が回復する見込みです。