メイン画像

明日23日以降、九州は雨が降りやすくなり、24日(日)中心に季節外れの大雨になるおそれがあります。来週にかけても天気がぐずつきますので、今日の晴天を有効にご利用下さい。

22日 暖かな日差し 次第に南風強まる

画像A

今日22日、九州は移動性高気圧に覆われますが、高気圧の中心は次第に東へ離れる見込みです。日中は晴れて南風が吹きやすくなるため、最高気温は20度前後まで上がり、暖かな陽気になるでしょう。この暖かさで、ヒノキ科の花粉の飛散も増えそうです。夜は雲が増え、天気は下り坂へ向かいます。

夜にかけて沿岸海上を中心に南よりの風が強まり、対馬海峡沿岸は次第に波が高くなりますので、強風や高波にご注意下さい。

24日中心に季節外れの大雨 雨量100ミリ超

画像B

明日23日は前線が九州付近へのび、南から暖かく湿った空気が流れ込むため、各地で雨が降る見込みです。24日(日)は低気圧が九州付近を通過し、前線活動が活発になります。九州付近は発達した雨雲が通過し、雷を伴い非常に激しい雨が降る所があるでしょう。24日(日)の雨量は多い所で100ミリを超えて、200ミリ近くに達する所もあり、季節外れの大雨になるおそれがあります。発達した積乱雲の下では落雷や竜巻などの激しい突風、雨の降り方に十分な注意・警戒が必要です。
週末のおでかけなどは、こまめに最新の気象情報を確認するようにしましょう。

菜種梅雨 晴天は貴重

来週にかけて九州付近に前線が停滞する日が多く、菜種梅雨となるでしょう。九州は強弱を繰り返しながら雨が降り、この時季としてはかなり雨量が多くなりそうです。
この先、雨の日が多くなりますので、今日のような晴天は有効にご活用下さい。