メイン画像

今日20日春分の日は、上空の強い寒気や低気圧の影響で、九州から東北にかけて雨雲や雪雲がかかっています。大気の状態が非常に不安定で、落雷が発生している所もあります。午後は、関東も雷雨に注意が必要です。

九州~東北に雨雲や雪雲 落雷も発生

画像A

今日20日春分の日は、2つの低気圧が日本海から本州付近を通過しており、上空にはこの時期としては強い寒気が流れ込んでいます。

午前11時現在、九州から東北にかけて広く雨雲や雪雲がかかっています。大気の状態も非常に不安定になっており、中国地方や本州の東の海上で落雷も多数発生しています。

SNSによりますと、鳥取県ではアラレやヒョウが降った所もあったとのことです。

午後は関東も天気急変

画像B

関東でも午後は雨雲や雷雲が発達するでしょう。落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に注意が必要です。強い寒気の影響で、関東北部や長野県では、山沿いを中心に雪が降り、明日21日にかけて大雪となる所があるでしょう。積雪や路面の凍結による交通機関への影響にご注意ください。

また、九州から東北にかけて、風も強く、暴風となる恐れもあります。交通機関に影響のでる可能性がありますので、交通情報にもご注意ください。