メイン画像

明日20日「春分の日」、九州はこの時季としては強い寒気が流れ込むため、沿岸海上を中心に暴風のおそれがあります。暴風・高波に警戒が必要です。また、冬の寒さが戻りますので、大きな気温変化にご注意下さい。

19日昼過ぎまで一時雨 夜は黄砂飛来の可能性

画像A

今日19日、九州付近は湿った空気の影響で、大気の状態が不安定になっています。
今日昼過ぎにかけて雨が降りやすく、雷を伴い一時雨脚が強まる所があるでしょう。
夕方以降は雨が止みますが、夜は西よりの風が強まり、次第に寒気が流れ込む見込みです。

また、今夜(19日)から明日20日未明にかけて、九州は一時的に黄砂が飛来する可能性があります。

20日春分の日 風強まり寒の戻り

画像B

明日20日「春分の日」は低気圧が本州付近を発達しながら東へ進み、大陸から高気圧が張り出し、西高東低の気圧配置に変わるでしょう。九州北部の上空5500m付近には氷点下27度以下のこの時季としては強い寒気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になる見込みです。

九州は晴れる所が多いですが、福岡県や大分県は寒気に伴う雲が流れ込み一時雨や雷雨となり、高い山では雪が舞う所があるでしょう。落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうのおそれもありますのでご注意下さい。
明日20日の最高気温は13度前後と2月並みで、季節が後戻りします。西から北西の季節風が強く吹き、体感的には気温以上に寒く感じられますので、冬物の暖かい服装がよさそうです。

また、九州の沿岸海上は暴風のおそれがあり、海上は全般に波が高くしける所がありますので、警戒して下さい。

21日(木)・22日(金)は遅霜のおそれ

画像C

21日(木)、九州は移動性高気圧に覆われておだやかに晴れますが、気温は平年より低い所が多いでしょう。22日(金)も大体晴れる見込みです。21日(木)と22日(金)は朝晩の冷え込みが強まり、遅霜のおそれがありますので、農作物の管理にご注意下さい。

23日(土)から来週初めにかけては暖かい空気が流れ込み気温は上がりますが、前線の影響を受けて天気がぐずつき、雨量が多くなる可能性があります。