もはや「がん=不治の病」ではない。画期的な検診法や治療法の研究は日進月歩だ。仕事を持ちながら、がんの治療をする人はおよそ32万5千人にのぼる。そのなかには、苦しいがんとの闘いの中で“ギフト”を得たと話す人がいる。

続きを読む