心を許し合える友だちだったので、勉強するときも相手が気にならないで自分のペースが守れます。ほんとうに気心が知れた友だちだからこそ、二人で勉強できたのだと思います」(『受験物語』)

 文春砲となんとなく似たような光景である。

 さる弁護士は「心を許し合える友だち」だった。マンションやホテルで逢瀬を繰り返したのは、政策を勉強するための友だちとの“合宿”である。なるほど、もしかしたら「男女の関係はありません」なのかもしれない。だとしたら、政治家になっても「楽しかった」受験勉強感覚が抜けきれていない、ということだろう。

(文/教育ジャーナリスト・小林哲夫)

著者 開く閉じる
小林哲夫
小林哲夫
1 2 3