「詰め込み」「偏差値」というイメージが強い中学受験。「受験のための勉強は子どもの将来に役に立つの?」「難易度より、子どもを伸ばしてくれる学校を選びたい」といった悩みを抱えている親御さんも増えています。思い切って「偏差値」というものさしから一度離れて、中学受験を考えてみては――。こう提案するのは、探究学習の第一人者である矢萩邦彦さんと、「きょうこ先生」としておなじみのプロ家庭教師・安浪京子さんです。今回は、中学受験をするかどうか夫婦で意見が割れている、というご相談です。

MENU 家族全員、違う方向を向いているのでは? 家庭教師は母親がつけさせたいことが多い 子どもに興味を持たせるために「やりがち」なこと

家族全員、違う方向を向いているのでは?

矢萩:まず、お母さんがなぜ息子さんに中学受験をすすめたいのか、なぜお父さんは反対なのかということをちゃんと明確にして並べてみたほうがいいですね。そして本人自身はどうなのか、という3者の意見を共有するところから始めないと。今は全員違う方向を向いている感じなので。

安浪:本当にそうだと思います。例えば、お母さまがもし「自分が女子校に行って学校が楽しかったから」だけだったとすると、息子に中学受験をすすめる動機としてはちょっと弱いのかなって思います。あなたがそうだっただけでしょ、と言われてしまう。

矢萩:お母さんもお父さんもたぶん自分の体験ベースで話をしているんですよね。時代も地域も違う、ということをちゃんと意識しないと。お母さんのほうは、いまの時代でも同じこと言えますか? 自分と違う学校でも同じことを言えますか? ということを考えなければいけないし、お父さんのほうは地方と都市部では状況が違うので、いま住んでいるところの環境でも同じことが言えますか? というように向き合わないと。こんなふうに夫婦で意見が割れているケース、安浪先生が教えている家庭にもあるんじゃないですか?

著者 開く閉じる
安浪京子
中学受験専門カウンセラー/算数教育家 安浪京子

やすなみ・きょうこ/「きょうこ先生」として親しまれている中学受験専門カウンセラー、算数教育家。佐藤亮子さんとの共著『親がやるべき受験サポート』(朝日新聞出版)が好評。最新刊は『中学受験にチャレンジするきみへ 勉強とメンタルW必勝法』(大和書房)。オンラインサイト「中学受験カフェ」主宰。

矢萩邦彦
中学受験塾塾長 矢萩邦彦

やはぎ・くにひこ/「知窓学舎」塾長、多摩大学大学院客員教授、実践教育ジャーナリスト。「探究学習」「リベラルアーツ」の第一人者として小学生から大学生、社会人まで指導。著書に『子どもが「学びたくなる」育て方』(ダイヤモンド社)『新装改訂版 中学受験を考えたときに読む本 教育のプロフェッショナルと考える保護者のための「正しい知識とマインドセット」』(二見書房)。

NEXT家庭教師は母親がつけさせたいことが多い
1 2 3 4