「子どもの得意を伸ばしたい」「学習面で1歩リードしたい」といった親の願いをよそに、うまく続かず悩むことが多い子どもの習い事。3兄弟を子育て中のコミックエッセイストtomekkoさんも、習い事ラビリンスをはまってしまい、毒親丸出し&失敗の連続だったといいます。ダイヤの原石を磨いているはずが、ズタボロにしてしまった子どもの自己肯定感。どん底から抜け出すきっかけとなった心境の変化について綴ります。

「T大生が子どもの頃にやっていた習い事は!?」

  こういうランキング、子育てしているとよく目に入ってきますよね。

  頭の出来と習い事には実は相関関係などなく、通わせやすく習う人の絶対数が多いから結果的に有名大学に合格した人の割合も多いだけ、とわかってはいても。

 はじめての子育て。かわいいわが子の将来のために幼児期の時間を有効に使おうと熱心に調べていると、レビューのいい習い事に惹かれちゃいますよね。ご多分に漏れず「子育て情報検索魔」だった第一子幼少期にはまんまと習い事ラビリンスに陥った私です……。

 長男は小さい頃から受け身で意思が見えにくい子だっただけに親のほうが前のめりでした。習い事にもいろんな目的があるでしょうが、わが家の場合は得意なことを見つけて/苦手なことは克服して「自信をつけさせたい」こればかりを考えていました。

 でもまさか、ここまで裏目に出るとは……。

 ここにご参考までに、子の気持ち置いてけぼりで毒親が『良かれと思って』やらせた習い事地獄の結末を、自戒を込めてまとめておきますね。

(1)運動が苦手→全身運動だし夫が好きなスポーツだから教えられる!→サッカースクール

結果:人とぶつかることが嫌で、ボールの場所に関係なくひたすらコートの周りを走るだけのジョギングで終わる

(2)それならぶつかり合いがなく個人競技でプレッシャーにならないスイミングだ!

結果:同時期に始めた同級生と送迎バスで通っていたことにより、一人だけずっと進級できずどんどん置いていかれ劣等感の塊に。

著者 開く閉じる
tomekko
コミックエッセイスト tomekko

中1、小3、年長の男子3兄弟に夫とほぼ男子校な日々を送っている“ポンコツ母さん”。『AERA with Kids』の「脱・カンペキ親修行」では、鋭い観察眼で子育てや家族、夫婦、教育などについて連載中。Instagramでは13万以上のフォロワーに日々育児絵日記を投稿。インスタアカウント @tomekomet

NEXT子どもの自尊心を傷つけ…
1 2 3 4