医ケア児が地域で暮らすために 遠くの総合病院から地域の在宅医へ

障害のある子と生きる家族が伝えたいこと

AERAオンライン限定

2022/06/14 16:00

 生まれてきた赤ちゃんに障害や病気があると分かった時、ほとんどのケースでは、設備の整った大きな病院で病名などの診断を受けます。パパやママは不安や悩みを抱えながらも、専門医のいる病院を主治医として、その後の赤ちゃんの成長を見守っていくことになります。    

あわせて読みたい

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す