夏に大流行は起こるのか?「コロナ全数把握」やめる前にすべきこと【都医師会会長1問1答】

AERAオンライン限定

2022/06/07 18:00

 新型コロナウイルスの感染拡大による医療体制の逼迫と危機感は、記憶に新しい。今後医療逼迫が再び起こる可能性はあるのか。今後新型コロナウイルスはどのような位置づけになっていくのか。尾崎治夫・東京都医師会会長に聞いた。

あわせて読みたい

  • 【記事前編】アクリル板で空気が滞留して「逆効果」も? 都医師会会長に聞く効率的なコロナ対策

    【記事前編】アクリル板で空気が滞留して「逆効果」も? 都医師会会長に聞く効率的なコロナ対策

    AERA

    6/6

    オミクロン株急拡大で第6波到来、「飲み薬」は希望の光となるか

    オミクロン株急拡大で第6波到来、「飲み薬」は希望の光となるか

    ダイヤモンド・オンライン

    2/1

  • コロナ対策の「出口」どう決めるか 2類か5類かよりも「検査と早期投薬」が先決

    コロナ対策の「出口」どう決めるか 2類か5類かよりも「検査と早期投薬」が先決

    AERA

    3/17

    インフル×コロナ、「ツインデミック」への警戒強まる 感染予防のためにできること 

    インフル×コロナ、「ツインデミック」への警戒強まる 感染予防のためにできること 

    AERA

    9/24

  • 重症者が減っても…感染者急増で医療崩壊の危機 都医師会会長「感染の嵐」を懸念

    重症者が減っても…感染者急増で医療崩壊の危機 都医師会会長「感染の嵐」を懸念

    AERA

    8/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す