LGBTQ当事者の大学生が出張授業「生の声」を届ける

2022/01/31 08:00

 偏見を認識し、ちがいを受け入れる──。ジェンダー問題を解消していくために、教育現場では今、さまざまな取り組みが始まっている。LGBTQ当事者による出張授業もその一つだ。AERA 2022年1月31日号は「性と社会」特集。

あわせて読みたい

  • わが子がLGBTだと知ったらどうするか 地方で苦しむ性的マイノリティーの子どもたち

    わが子がLGBTだと知ったらどうするか 地方で苦しむ性的マイノリティーの子どもたち

    AERA

    6/6

    ソフィア・ヤンベリ&北丸雄二が語る、「LGBT+とBLM運動」から「マイノリティの中のマイノリティを意識する」考え方

    ソフィア・ヤンベリ&北丸雄二が語る、「LGBT+とBLM運動」から「マイノリティの中のマイノリティを意識する」考え方

    BOOKSTAND

    7/6

  • 早稲田大が始めた日本初の「LGBTセンター」の存在感

    早稲田大が始めた日本初の「LGBTセンター」の存在感

    週刊朝日

    7/15

    男性に生まれ、女性として就活した慶大卒のトランスジェンダーが語る就職活動

    男性に生まれ、女性として就活した慶大卒のトランスジェンダーが語る就職活動

    dot.

    6/24

  • 「自治体が性生活に踏み込むことはできない」? 全国首長アンケートで浮かび上がる「LGBT理解」のお寒い状況

    「自治体が性生活に踏み込むことはできない」? 全国首長アンケートで浮かび上がる「LGBT理解」のお寒い状況

    AERA

    6/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す