過重労働に苦しむ同級生の姿にいてもたってもいられず…教員の激務を軽減したいと起業する“教員の卵”たち

2022/01/27 08:00

 学校の長時間労働が長らく社会問題となっている。教員たちを支援しようと、教育系の学生を中心に立ち上がり、起業する動きが出始めている。AERA 2022年1月31日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 都市部で教育学部志願者減も地方は人気復活 どうなるコロナ禍の“ブラック教職”

    都市部で教育学部志願者減も地方は人気復活 どうなるコロナ禍の“ブラック教職”

    週刊朝日

    11/15

    「授業準備は5分」に「小学校をなめているのか」 公立教員残業代訴訟の「仕分け」に教員ら困惑

    「授業準備は5分」に「小学校をなめているのか」 公立教員残業代訴訟の「仕分け」に教員ら困惑

    AERA

    11/25

  • 教師を過労死へと追い詰めた元凶「定額働かせ放題」改正求め3万筆署名提出

    教師を過労死へと追い詰めた元凶「定額働かせ放題」改正求め3万筆署名提出

    AERA

    12/6

    小学校教師になれる大学ベスト100 国立大よりすごい私立大のネットワーク

    小学校教師になれる大学ベスト100 国立大よりすごい私立大のネットワーク

    dot.

    9/11

  • 教職のブラックすぎが原因!? 教育学部の志願者数が約10年で「激減」の衝撃

    教職のブラックすぎが原因!? 教育学部の志願者数が約10年で「激減」の衝撃

    dot.

    3/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す