「台湾有事は起きない」 中台にとって「あいまいな現状維持」が有利なワケ

2021/04/20 08:00

 中国を警戒する米国は台湾有事に言及し、日本でも危機論が高まりつつある。だが、経済上も安全保障上も、現状維持が中国、台湾ともに有利なのは明白だ。AERA 2021年4月26日号から。

あわせて読みたい

  • 喜劇的? 米国が突然の「台湾独立支持」も…台湾は否定 “機能不全”際立つトランプ政権

    喜劇的? 米国が突然の「台湾独立支持」も…台湾は否定 “機能不全”際立つトランプ政権

    AERA

    10/23

    防衛費の増額は本当に必要か? 「巨費を投じても効果は乏しい」専門家は否定的

    防衛費の増額は本当に必要か? 「巨費を投じても効果は乏しい」専門家は否定的

    AERA

    6/11

  • 2027年までに中国「台湾侵攻」シナリオ 独立派支援で混乱を狙う可能性も

    2027年までに中国「台湾侵攻」シナリオ 独立派支援で混乱を狙う可能性も

    週刊朝日

    3/31

    姜尚中「岸田政権を縛る安倍発言 米中の『マジノ線』台湾問題に触れ牽制か」
    筆者の顔写真

    姜尚中

    姜尚中「岸田政権を縛る安倍発言 米中の『マジノ線』台湾問題に触れ牽制か」

    AERA

    12/15

  • 10月25日は台湾光復節。日本と台湾の歴史を学ぶ1日にしよう

    10月25日は台湾光復節。日本と台湾の歴史を学ぶ1日にしよう

    tenki.jp

    10/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す