天皇陛下の誕生日会見から読み取る 「触れ合えない」コロナ時代の皇室のあり方

皇室

2021/03/02 07:02

 2月23日、61歳の誕生日を迎えた天皇陛下。コロナ禍で直接国民と触れ合う機会が持てない。 そんな危機に直面している皇室は、どうあるべきなのだろうか。お言葉から考えた。 AERA 2021年3月8日号から。

あわせて読みたい

  • 眞子さま結婚で皇室「離脱ドミノ」の可能性 次なる山場は12月1日か

    眞子さま結婚で皇室「離脱ドミノ」の可能性 次なる山場は12月1日か

    AERA

    9/10

    眞子さま問題、「令和流」オンライン公務…天皇陛下は誕生日に何を語るのか

    眞子さま問題、「令和流」オンライン公務…天皇陛下は誕生日に何を語るのか

    週刊朝日

    2/22

  • 愛子さまが見据える「皇族としての道」 成年会見で示した強さと賢明さ

    愛子さまが見据える「皇族としての道」 成年会見で示した強さと賢明さ

    AERA

    3/30

    眞子さまの皇族としての立ち振る舞いに注がれる視線 取材歴30年の記者に聞く「今後」

    眞子さまの皇族としての立ち振る舞いに注がれる視線 取材歴30年の記者に聞く「今後」

    dot.

    3/17

  •  眞子さま結婚問題で「いまや愛子さまの話題はタブー」有識者会議の参加者が吐露 

    眞子さま結婚問題で「いまや愛子さまの話題はタブー」有識者会議の参加者が吐露 

    dot.

    8/19

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す