天才たちをのみ込む「鬼の棲み家」…将棋界のあまりに過酷なピラミッド 「ポスト藤井」を待つ厳しい世界

2021/01/07 11:32

 2020年の将棋界は藤井聡太二冠(18)の話題に沸いたが、すでに新たな才能も注目され始めている。関西奨励会所属の山下数毅君(12)は、小学6年生にして初段に昇格した、「ポスト藤井」と目される存在。小6で初段になったのは藤井二冠、豊島竜王ら過去に数人しかおらず、傑出した才能の持主だと言える。

あわせて読みたい

  • あの羽生善治三冠でも中3でプロに… 史上最年少14歳でプロ棋士になった藤井聡太さんとは?

    あの羽生善治三冠でも中3でプロに… 史上最年少14歳でプロ棋士になった藤井聡太さんとは?

    dot.

    12/2

    62年ぶり最年少記録更新の中学生棋士は何故強い?

    62年ぶり最年少記録更新の中学生棋士は何故強い?

    AERA

    9/18

  • 「弱いなら死ねば」と思っていた10代…初のA級・棋士山崎隆之八段の苦難の道

    「弱いなら死ねば」と思っていた10代…初のA級・棋士山崎隆之八段の苦難の道

    dot.

    2/8

    女性初の棋士誕生は無理なのか? 中井広恵・女流六段に聞く「可能性」

    女性初の棋士誕生は無理なのか? 中井広恵・女流六段に聞く「可能性」

    AERA

    5/9

  • 藤井聡太戦は1勝1敗 「負けても充実感」 上村亘五段は慶應義塾大学卒で唯一のプロ棋士

    藤井聡太戦は1勝1敗 「負けても充実感」 上村亘五段は慶應義塾大学卒で唯一のプロ棋士

    AERA

    4/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す