「先のこと? ここで死ぬよ」上野公園のホームレスの厳しい環境 コロナ禍で20代も路頭に

2020/12/31 08:02

 上野公園にホームレスとして暮らす男性・カズさんを描いた、柳美里(ゆう みり)さんの小説『JR上野駅公園口』が、全米図書賞を受賞した。同書は2014年刊行だが、現在の上野公園のホームレスを取り巻く環境は当時より厳しいものになっているようだ。AERA 2020年12月28日-2021年1月4日合併号では、上野公園のホームレスの人々に話を聞いた。

あわせて読みたい

  • ホームレス生活10年、一番つらいのは「そういう目」 コロナ禍で路上生活に変化も

    ホームレス生活10年、一番つらいのは「そういう目」 コロナ禍で路上生活に変化も

    AERA

    12/30

    東日本大震災から3年――決して忘れてはいけない記憶と教訓

    東日本大震災から3年――決して忘れてはいけない記憶と教訓

    BOOKSTAND

    4/22

  • 全米図書賞! 「戦後の歪み」を描く柳美里の小説『JR上野駅公園口』

    全米図書賞! 「戦後の歪み」を描く柳美里の小説『JR上野駅公園口』

    週刊朝日

    1/18

    柳美里、小川洋子、川上未映子…日本の女性作家が海外で評価される理由

    柳美里、小川洋子、川上未映子…日本の女性作家が海外で評価される理由

    dot.

    4/23

  • 「もうお金がない」「死ねば楽に…」コロナ禍で迫る路上生活の危機 人として最低限の生活とは

    「もうお金がない」「死ねば楽に…」コロナ禍で迫る路上生活の危機 人として最低限の生活とは

    AERA

    12/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す