バイデン氏は「最弱の米大統領」? 重要ポストにマイノリティーや精鋭のテクノクラートも…予想される厳しい船出

2020/12/15 08:02

 リベラル派市民の期待を背負い、次々と大物政治家や官僚を閣僚に投入するバイデン次期米大統領だが、民主党をまとめきれるのか、波乱の船出だ。AERA 2020年12月21日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 「ジョージア州が大変だ!」上院選挙の結果次第でバイデン氏は厳しい船出? 大統領選の勝利後も続く“選挙モード”

    「ジョージア州が大変だ!」上院選挙の結果次第でバイデン氏は厳しい船出? 大統領選の勝利後も続く“選挙モード”

    AERA

    11/17

    混乱し迷言も… “いい人”バイデン氏、“弾丸”トランプ氏との一騎打ちは不利?

    混乱し迷言も… “いい人”バイデン氏、“弾丸”トランプ氏との一騎打ちは不利?

    AERA

    4/5

  • 黒人でアジア系、「初」だらけの副大統領候補にリベラル熱狂 民主党カマラ・ハリス氏の人物像とは

    黒人でアジア系、「初」だらけの副大統領候補にリベラル熱狂 民主党カマラ・ハリス氏の人物像とは

    AERA

    8/29

    民主党・ハリス氏、副大統領候補に 分断された国民をつなげられるか

    民主党・ハリス氏、副大統領候補に 分断された国民をつなげられるか

    AERA

    8/30

  • トランプ氏が存在感示す米中間選挙、大統領選挙に再立候補の可能性も 推薦候補150人の当落次第で

    トランプ氏が存在感示す米中間選挙、大統領選挙に再立候補の可能性も 推薦候補150人の当落次第で

    AERA

    5/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す