渋谷女性ホームレス死亡事件「決して怠け者ではない」素顔 困窮者見えにくい“排除アート”の影響

2020/12/11 08:02

 11月16日、夜明けまで都内の幹線道路沿いのバス停のベンチで過ごしていた64歳の女性が、頭を殴られて死亡した。所持金はわずか8円だった。事件が映し出したのは、社会が抱える「歪み」だった。AERA 2020年12月14日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 渋谷路上生活者死亡事件 所持金わずか8円の女性が襲われた「22センチ」のバス停ベンチ

    渋谷路上生活者死亡事件 所持金わずか8円の女性が襲われた「22センチ」のバス停ベンチ

    AERA

    11/22

    「あなたを絶対にひとりにはしない」 路上生活者と奥田知志の32年<現代の肖像>

    「あなたを絶対にひとりにはしない」 路上生活者と奥田知志の32年<現代の肖像>

    AERA

    3/2

  • 野宿者が凍死…ホームレスの現実「知った以上、変えたい」 支援する男性

    野宿者が凍死…ホームレスの現実「知った以上、変えたい」 支援する男性

    AERA

    2/2

    4割にうつ病や統合失調症 路上生活者「夜回り」ルポ

    4割にうつ病や統合失調症 路上生活者「夜回り」ルポ

    週刊朝日

    6/30

  • 「水だけで3日」「冬なら死んでいた」コロナ禍に家を失う若年層増加の現実

    「水だけで3日」「冬なら死んでいた」コロナ禍に家を失う若年層増加の現実

    AERA

    11/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す