「被爆2世」のネットニュースに違和感 福山雅治が“時代”や“人間”を歌う理由とは?

2020/12/10 11:32

 1990年に「追憶の雨の中」でデビュー。今年、30周年を迎えた。亡父の名前を冠した6年8カ月ぶりのアルバムには、父との別れによって芽生えた音楽への初期衝動が描かれている。AERA 2020年12月14日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 原田龍二が会見で不倫を謝罪【全文】 性欲を控えられなかった「助さん」

    原田龍二が会見で不倫を謝罪【全文】 性欲を控えられなかった「助さん」

    週刊朝日

    6/1

    「音楽にすがったあの頃の自分へ」 福山雅治が30年歌い続けて気づいた“あること”とは?

    「音楽にすがったあの頃の自分へ」 福山雅治が30年歌い続けて気づいた“あること”とは?

    AERA

    12/9

  • 丸山隆平 全人類に「よう頑張ってるな」と伝えたい どんどん出てくる関ジャニ∞の「旨味」とは

    丸山隆平 全人類に「よう頑張ってるな」と伝えたい どんどん出てくる関ジャニ∞の「旨味」とは

    AERA

    11/22

    福山雅治 天才クラシックギタリスト役に見出した表現者の苦悩

    福山雅治 天才クラシックギタリスト役に見出した表現者の苦悩

    AERA

    10/22

  • 山崎育三郎が君に伝えたいこと「自分と向き合うことの大切さ」

    山崎育三郎が君に伝えたいこと「自分と向き合うことの大切さ」

    週刊朝日

    12/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す