「音楽にすがったあの頃の自分へ」 福山雅治が30年歌い続けて気づいた“あること”とは?

2020/12/09 11:32

 シンガー・ソングライターとして活躍する福山雅治さんが、今年でデビュー30周年を迎えた。6年8カ月に発売したアルバム「AKIRA」に収録された「革命」では「なんのためにこの時代に生まれ来たのか」と歌う。表現とは何か? の問いに真摯に向き合い続けた福山さんが、AERA 2020年12月14日号に掲載された記事で、デビューから現在までを振り返る。

あわせて読みたい

  • 「被爆2世」のネットニュースに違和感 福山雅治が“時代”や“人間”を歌う理由とは?

    「被爆2世」のネットニュースに違和感 福山雅治が“時代”や“人間”を歌う理由とは?

    AERA

    12/10

    福山雅治さんがAERAの表紙に登場!カラーグラビア&インタビューも掲載/撮影は蜷川実花

    福山雅治さんがAERAの表紙に登場!カラーグラビア&インタビューも掲載/撮影は蜷川実花

    12/4

  • <インタビュー>03年生まれのシンガーRAKURAが歌うコロナ禍のエンパワーメントソング 「絶望の中でも希望を見出したい」

    <インタビュー>03年生まれのシンガーRAKURAが歌うコロナ禍のエンパワーメントソング 「絶望の中でも希望を見出したい」

    Billboard JAPAN

    7/29

    父・尾崎豊の楽曲の「継承と革新」をテーマに表現 尾崎裕哉、100人のオーケストラ従えコンサート

    父・尾崎豊の楽曲の「継承と革新」をテーマに表現 尾崎裕哉、100人のオーケストラ従えコンサート

    AERA

    4/16

  • 福山雅治「お嬢さんを殺してしまいました」 監督に謝罪の珍事?

    福山雅治「お嬢さんを殺してしまいました」 監督に謝罪の珍事?

    AERA

    2/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す