クリスマスは寄付の時期 「できる範囲で」「自分のために」が徹底しているアメリカの寄付活動

帰国ママのバイリンガル子育て奮闘記

AERAオンライン限定

2020/12/01 07:00

 いよいよ今日から12月。年の瀬が迫ってきましたね。アメリカでは、クリスマスに向けて街の装いが華やかになる時期です。そして、一年でもっとも寄付活動がさかんになる時期でもあります。

あわせて読みたい

  • マイケル・ブーブレ、ACLUへの寄付を呼びかける 自身も最高10万ドルまで同額の寄付をすると発表

    マイケル・ブーブレ、ACLUへの寄付を呼びかける 自身も最高10万ドルまで同額の寄付をすると発表

    Billboard JAPAN

    6/4

    「遺贈寄付」で人生最後の社会貢献 少額でも可、不動産は難しい場合も

    「遺贈寄付」で人生最後の社会貢献 少額でも可、不動産は難しい場合も

    週刊朝日

    11/30

  • キーワードは「使途・成果の見える化」 大学にもクラウドファンディングの波

    キーワードは「使途・成果の見える化」 大学にもクラウドファンディングの波

    AERA

    5/10

    YOSHIKI、国立国際医療研究センターへ1,000万円を寄付

    YOSHIKI、国立国際医療研究センターへ1,000万円を寄付

    Billboard JAPAN

    4/21

  • 給付金一部でも寄付「2割強」一方、寄付先わからない声も…どう選べばいい?

    給付金一部でも寄付「2割強」一方、寄付先わからない声も…どう選べばいい?

    AERA

    6/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す