手作りの「団地タクシー」でお年寄りを買い物へ 支え合い笑い声が絶えない団地コミュニティ 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

手作りの「団地タクシー」でお年寄りを買い物へ 支え合い笑い声が絶えない団地コミュニティ

このエントリーをはてなブックマークに追加
上栗崇AERA#アエラtoSDGs
写真・高野楓菜

写真・高野楓菜

 新連載「アエラ to SDGs」では、2030年までに達成するべき目標として国連が定めた17のゴールSDGs(エス・ディー・ジーズ)について毎回一つずつ写真で表現し、私たちが考えるべきこと・できることは何かをテーマにお届けします。

【写真】もうすぐ実用化? 「空飛ぶクルマ」はこちら!

*  *  *
 町をゆくかわいい乗り物。中では運転手がペダルをこぐ。東京都八王子市の館ケ丘団地を走る「団地タクシー」は自治会がボランティアで運営し、お年寄りらをスーパーマーケットや郵便局がある団地中心部まで無料で送り迎えしてくれる。中心部側の発着地となるコミュニティースペース「団地の縁側」は和やかな笑い声が絶えない。人々が支え合い、笑い合う町の姿だ。(写真・高野楓菜/文・上栗崇)

AERA 2020年10月26日号


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい