看板には「抱いて抱いて抱きまくれ!」 夜の水族館での「性いっぱい展」がパワーアップして帰ってきた (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

看板には「抱いて抱いて抱きまくれ!」 夜の水族館での「性いっぱい展」がパワーアップして帰ってきた

このエントリーをはてなブックマークに追加
高橋有紀AERA
「もっと●性いっぱい展」(●はハートマーク)は東京・池袋のサンシャイン水族館で11月5日まで開催中(18時半から22時)(撮影/編集部・高橋有紀)

「もっと●性いっぱい展」(●はハートマーク)は東京・池袋のサンシャイン水族館で11月5日まで開催中(18時半から22時)(撮影/編集部・高橋有紀)

 生き物たちの性を扱う特別展が東京・池袋の水族館で開催中だ。展示方法は独特で、エロスと生殖の境界に挑戦するかのようだ。AERA2020年10月12日号の記事を紹介する。

【写真】日本は性教育をどうしてる? 教科書を覗いてみると…

*  *  *
 暗闇の水槽をライトアップするピンクの光。ネオンカラーで書き込まれたボードが並ぶ。「拘束プレイ」に「コワモテソフトプレイ」、「抱いて抱いて抱きまくれ!」など、なにやらいかがわしい文字が並ぶ。

 東京・池袋のサンシャイン水族館で開催中の「もっと●性いっぱい展」(●はハートマーク)。タイトルもノリノリだが、昨年好評だった「性いっぱい展」をパワーアップしたこちらの展示、いたって真面目な取り組みで、生き物たちの性と繁殖をテーマにした特別展なのだ。

■繁殖は水族館の使命

 水族館といえば通常は海を想起させる青の涼しげな空間だが、この夜間展示中だけはピンクにライトアップされる。なんともムーディーな空間で、ペンギン柄のマスクをつけた丸山克志館長が語る。

「性というテーマは、展示で長年扱いたいと思いながらも、難しいものでした。たくさんの人に興味を持ってもらえるように入り口を広げつつも、おふざけになっちゃいけないし、エロだけでもない。種の保存という水族館の使命を伝えるために、展示や表現、会場の雰囲気の作り方など工夫を重ねました」

 さらに今年はコロナという状況下でもある。人の密集を避けるため、解説は各自がスマホで読めるようにした。また、昨年のウリは「触って楽しむ展示」だったが、いまの状況では不特定多数が接触することは避ける必要がある。手で触れずに生き物の世界を体感できる展示として、アシカやカワウソの“アピール臭”の匂いを嗅ぐ「クンクンの壁」のコーナー、型紙で作られたハート型の小道具の先端を鍵のように使ってトラフザメの生殖器の硬さを確かめる「ツンツンの壁」のコーナーが設置された。

 ところで、海の生き物の性と繁殖に、どんな面白さが潜んでいるのだろうか。飼育スタッフが語るトークイベントで紹介されたのは、こんな例。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい