核のごみ問題で過疎の町に「最大20億円」財源の魅力 識者「札束で頬を叩くのはやめるべき」

2020/10/09 08:00

 風光明媚な北海道の小さな町と村が、「核のごみ」で大きく揺れている。8日、北海道寿都町は国の選定プロセスの第1段階「文献調査」に応募すると発表した。だが、その元となる使用済み核燃料も、すでに「満杯」に近づいている。 AERA 2020年10月12日号で掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 核のごみ最終処分場で渦中の寿都町長が激白 「4、5年先を考えたら、今から手を打たねば」

    核のごみ最終処分場で渦中の寿都町長が激白 「4、5年先を考えたら、今から手を打たねば」

    AERA

    10/9

    辛坊治郎氏 「六ケ所村を見れば原発をどうすべきかがわかる」

    辛坊治郎氏 「六ケ所村を見れば原発をどうすべきかがわかる」

    週刊朝日

    3/23

  • 「新型コロナの影響もあって…」核のゴミ処分場に手を挙げた理由

    「新型コロナの影響もあって…」核のゴミ処分場に手を挙げた理由

    週刊朝日

    9/24

    田原総一朗「被災地自民幹部も『無理』と言った原発新設案が浮上する不可解」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「被災地自民幹部も『無理』と言った原発新設案が浮上する不可解」

    週刊朝日

    6/22

  • 「謎のフィクサー」放射性物質の処分場誘致に暗躍

    「謎のフィクサー」放射性物質の処分場誘致に暗躍

    週刊朝日

    4/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す