単語や文法からなる言語を持つシジュウカラ まるで“バイリンガル”

ジュニアエラ

2020/10/07 17:00

 野鳥の鳴き声を聞いていると、「何を話しているんだろう?」と思うことがある。でも、ほとんどの人は「鳥が言葉を話すわけないよね」と思い直して、それっきり忘れてしまう。しかし、京都大学白眉センター特定助教の鈴木俊貴さんは、そんな常識にとらわれなかった。大学生のときから15年間、シジュウカラの鳴き声に耳を傾け続け、「シジュウカラ語」の驚きの秘密を明らかにしたのだ。小中学生向けニュース月刊誌「ジュニアエラ」10月号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 神様はセキレイから子づくりを教わった?! 七十二候「鶺鴒鳴(せきれいなく)」

    神様はセキレイから子づくりを教わった?! 七十二候「鶺鴒鳴(せきれいなく)」

    tenki.jp

    9/12

    意外と見つかる! “街なか”バードウォッチングの楽しみ方

    意外と見つかる! “街なか”バードウォッチングの楽しみ方

    週刊朝日

    5/16

  • 春告げ鳥はどこにいる?七十二候「水沢腹堅」

    春告げ鳥はどこにいる?七十二候「水沢腹堅」

    tenki.jp

    1/24

    童話の中ではなくあなたの身近に!冬は「キツツキ」と出会える絶好の季節です【前編】

    童話の中ではなくあなたの身近に!冬は「キツツキ」と出会える絶好の季節です【前編】

    tenki.jp

    12/28

  • 誰もが知るツバメの、誰も知らない名前の由来って? 七十二候「玄鳥至(げんちょういたる)」

    誰もが知るツバメの、誰も知らない名前の由来って? 七十二候「玄鳥至(げんちょういたる)」

    tenki.jp

    4/5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す