野田聖子元総務相、総裁選で「小池百合子都知事と共闘」も視野 どっちが立候補かは「ののしりあいで決める」 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

野田聖子元総務相、総裁選で「小池百合子都知事と共闘」も視野 どっちが立候補かは「ののしりあいで決める」

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#安倍政権
野田聖子(のだ・せいこ、60)/自民党党・政治制度改革実行本部長。総務相、衆院予算委員長などを歴任。障害のある長男の子育て中で「鉄母」を自称(撮影/写真部・掛祥葉子)

野田聖子(のだ・せいこ、60)/自民党党・政治制度改革実行本部長。総務相、衆院予算委員長などを歴任。障害のある長男の子育て中で「鉄母」を自称(撮影/写真部・掛祥葉子)

 自民党総裁選への立候補を見送った野田聖子元総務相。過去に女性として唯一総裁選に立候補した小池百合子都知事の自民党復帰、そして総裁選での共闘について、AERA 2020年9月14日号で「十分にあり得る」と見通しを語った。

【野田聖子元総務相「私が総裁候補になれない理由」を赤裸々告白】から続く

【写真】かつて野田氏の「宿敵」と言われた女性議員はこちら

*  *  *

──次の総裁選は来年秋。この1年間、何をすれば立候補、当選への道が開けますか。

 秘密兵器があるわけじゃないし、刺激的なことを言って炎上商法的に露出を増やすのも柄じゃない。これまで通り自分が正しいと思うことを主張して、同調してくれる仲間を一人ずつ増やすしかありません。女性議員を増やすことにも力を注いでいますが、そうした活動がいずれ大きな力になるはずです。次がダメでもその次がある。7回転んでも8回目があります。男性議員はよく、「次がダメだったら政治生命が……」なんていいますけど。私はそんなこと全く考えていません。やりたいことを、できるまでやりつづけるだけです。

――過去2回、推薦人集めに失敗しましたが、それでもやり方を変えないということですか。
 正しいことをずっと言い続けていれば、周囲の人がいずれ「そうか」と気付いてくれる。地道に女性議員を増やしていることも、やがて力になっていく。少しずつ少しずつ色んな力が貯まっていって、ある日ドアが開いたら、一気に流れができると期待しているんですけどね。

──今回、稲田朋美議員も立候補を模索しました。共闘という選択肢はありませんでしたか。

 稲田さんの動きはうれしかったですね。やはり彼女も、私が過去2回挑戦した姿を見て、「私も」と思ってくれたのではないでしょうか。共闘できたらいいと思いますし、そのときは私のほうが当選回数が多いから、顔を立てて候補は私ね、という話をするでしょう。

──小池百合子・東京都知事とは以前から協力関係にあります。彼女が自民党に帰ってくる可能性をどうみていますか。

 今はコロナ対策で大変な状況ですが、事態が落ち着けば十分にあるんじゃないでしょうか。彼女とは政治的手法や外交など個別の政策では違いがありますが、常に連絡は取り合っていますし、女性の過小評価を打破しようという目的は同じ。強いおばさん2人でまた協力する日が来るかもしれません。そのときは、どっちが総裁候補になるか決めるのにののしり合いになるかもしれませんけど(笑)、女性候補が1人もいないよりずっといいことですよ。

(編集部・上栗崇)

AERA 2020年9月14日号抜粋、一部加筆


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい