オンライン会議で話しすぎる人がいるなら「マイク強制オフ」もあり? 専門家が悩みに回答 (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

オンライン会議で話しすぎる人がいるなら「マイク強制オフ」もあり? 専門家が悩みに回答

高橋有紀AERA#働き方
撮影/写真部・松永卓也

撮影/写真部・松永卓也

Q:オンライン会議をやるといつも予定より時間が延びてしまいます。決められた時間内に終わらせるにはどうしたらよいでしょう。

A:まず確認したいのは「時間内に終わる議題かどうか」。議題が多すぎる、問題が多すぎる、結論を出すだけの材料がない、という状況では終わらなくて当然です。オンライン会議に慣れないうちは、リアル会議より議題を減らして。また、タイムキープ担当を決めて常に時間管理しましょう。一番話の長い人にタイムキーパーをお願いする手もあります。

Q:「オンラインでは話にならない」と会議に参加しようとしないメンバーがいます。無視するわけにもいきません。

A:業務命令で強制的に参加させても、本人のためにもチームのためにもなりません。「ぜひ参加してほしいが煩わしければ見ているだけでよい」とまずはオブザーバー参加を促しましょう。使い方がわからない、操作に慣れていないなどITリテラシーの問題であることも多いので、個人指導や練習会を設けて変化への恐怖や不安を取り除くことも大事です。

(編集部・高橋有紀)

AERA 2020年9月7日号


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい