ミャンマー産の覚醒剤が日本で「価格30倍」 コロナで販路拡大、“麻薬パンデミック”か

2020/08/26 09:00

 コロナ禍を追い風に、ミャンマーの麻薬製造・密輸組織が勢力を広げている。地元の貧困層を食い物にして荒稼ぎする彼らが今狙う獲物は北米、そして日本だ。AERA 2020年8月31日号は、麻薬取引の最前線を追った。

あわせて読みたい

  • ミャンマー貧困労働者を“麻薬漬け”にする雇い主 最初は無料で提供し…恐るべき手口

    ミャンマー貧困労働者を“麻薬漬け”にする雇い主 最初は無料で提供し…恐るべき手口

    AERA

    8/27

    覚醒剤“逮捕”、経産に続いて文科キャリアも 霞が関に激震

    覚醒剤“逮捕”、経産に続いて文科キャリアも 霞が関に激震

    週刊朝日

    6/5

  • 墜ちた番長・清原 薬物は巨人時代から常用、キャンプ地に覚醒剤が届き警察沙汰に

    墜ちた番長・清原 薬物は巨人時代から常用、キャンプ地に覚醒剤が届き警察沙汰に

    週刊朝日

    2/10

    大麻の次にくるのは“フェンタニル” 米国では社会問題化 日本の半グレが「試験的密輸」

    大麻の次にくるのは“フェンタニル” 米国では社会問題化 日本の半グレが「試験的密輸」

    週刊朝日

    4/13

  • “調達係”が明かす清原の素顔「クスリ欲しがるくせに、ドタキャンも」

    “調達係”が明かす清原の素顔「クスリ欲しがるくせに、ドタキャンも」

    AERA

    2/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す