現代美術界に斬り込み、時代を作る 松山智一<現代の肖像>

2020/08/24 16:00

 この7月、東京・新宿駅の東口広場に、巨大なパブリックアート「花尾」がお目見えした。作品を手掛けたのは松山智一さん。ニューヨークで最も有名な壁「バワリーミューラル」に大作を描くなど、今や世界的にも注目される美術家だが、道のりは平坦ではなかった。大学卒業後、アートの勉強のためNYへ。しかし、なかなか芽は出ない。変わるきっかけは、自分の中にあった「日本」だった。

あわせて読みたい

  • 「偏差値の高さ」じゃない 「大学ランキング」学長からの評価1位は?

    「偏差値の高さ」じゃない 「大学ランキング」学長からの評価1位は?

    週刊朝日

    1/17

    「面倒見のいい」大学ランキング1位は? サポート充実の大学は…

    「面倒見のいい」大学ランキング1位は? サポート充実の大学は…

    週刊朝日

    1/17

  • 一碗まわし飲みするお茶の文化、どう守る? 千宗屋<現代の肖像>

    一碗まわし飲みするお茶の文化、どう守る? 千宗屋<現代の肖像>

    AERA

    9/13

    「科学漫画サバイバル」シリーズ累計1000万部突破! シリーズ初のアニメ映画DVDの発売も発表

    「科学漫画サバイバル」シリーズ累計1000万部突破! シリーズ初のアニメ映画DVDの発売も発表

    9/24

  • さようなら「パジェロ」 ブランド・イメージ失い低迷した理由

    さようなら「パジェロ」 ブランド・イメージ失い低迷した理由

    週刊朝日

    5/12

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す