支援の対価で性行為の要求も…災害時対応に問われる「男性主導」と「経済的格差」

2020/07/23 09:00

 災害時に被害者となりやすいのが、高齢者や女性、子どもたち。場合によっては性被害につながることもあるという。そうした現実を変えるために何ができるのか、AERA 2020年7月27日号では専門家らに話を聞いた。

あわせて読みたい

  • 豪雨災害でペットはどうする? 全国初と言われたペット同伴避難所の実態とは

    豪雨災害でペットはどうする? 全国初と言われたペット同伴避難所の実態とは

    dot.

    7/3

    「大切なペットと避難するためにまずやるべきこと」 防災士で獣医師の提言

    「大切なペットと避難するためにまずやるべきこと」 防災士で獣医師の提言

    dot.

    7/12

  • 水害、地震、台風…専門家が指摘「コロナ禍の非常袋に入れておきたいもの」とは? 

    水害、地震、台風…専門家が指摘「コロナ禍の非常袋に入れておきたいもの」とは? 

    AERA

    7/8

    もしいま大地震が起きたら…避難所で「距離をとることはまず無理」自治体が危機感

    もしいま大地震が起きたら…避難所で「距離をとることはまず無理」自治体が危機感

    AERA

    4/21

  • 堀潤 熊本地震現地取材で見えてきた 災害時の「避難」でぶつかる問題とは?

    堀潤 熊本地震現地取材で見えてきた 災害時の「避難」でぶつかる問題とは?

    dot.

    7/3

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す