わずかな時間でコンビニ飯を立ち食い…過酷な医療現場の食事をシェフが支援

新型コロナウイルス

2020/05/17 11:30

 レストランのシェフたちが、新型コロナウイルスに対峙する医療従事者に無償で食事を届けている。営業自粛で厳しい状態にあっても、それでも料理を作りたい。AERA 2020年5月18日号では、医療現場を支援する料理人たちの活動を取材した。

あわせて読みたい

  • コロナ飛沫が顔に 医師より感染リスク高い看護師たちの危機

    コロナ飛沫が顔に 医師より感染リスク高い看護師たちの危機

    週刊朝日

    12/5

    コロナで疲弊する看護師の現実「世間はGo To楽しんでいるのに」

    コロナで疲弊する看護師の現実「世間はGo To楽しんでいるのに」

    週刊朝日

    12/6

  • 岩田健太郎医師「この失敗は感染症の教科書で語り継がれる」 3密クルーズ船の“なぜ”

    岩田健太郎医師「この失敗は感染症の教科書で語り継がれる」 3密クルーズ船の“なぜ”

    AERA

    4/16

    救急全国1位病院がコロナ院内感染 現場医師に聞いた「第2波への備えは?」

    救急全国1位病院がコロナ院内感染 現場医師に聞いた「第2波への備えは?」

    dot.

    6/26

  • 「胸が打たれました」高齢者施設の“レッドゾーン”対応に多くの職員が呼応 “職場危機”に直面する現場

    「胸が打たれました」高齢者施設の“レッドゾーン”対応に多くの職員が呼応 “職場危機”に直面する現場

    AERA

    2/3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す