<現代の肖像>國分功一郎 社会が揺らぐとき必要となるのが哲学

現代の肖像

2020/01/14 17:30

 政治への不信、不安定な雇用、原発の問題……。不安が広がる日本で、どう生きていけばいいのかを考えなくてはならない。そんな中、國分功一郎さんの哲学や言葉が求められている。「哲学がない時代は不幸だが、哲学を必要とする時代はもっと不幸だ」と言う國分さんの言葉が重く響く。

あわせて読みたい

  • 僕らの社会主義

    僕らの社会主義

    週刊朝日

    8/31

    「J哲学」若手6人の共通点は? 初心者にもわかりやすい『日本哲学の最前線』

    「J哲学」若手6人の共通点は? 初心者にもわかりやすい『日本哲学の最前線』

    週刊朝日

    9/14

  • 11月号哲学者 國分功一郎 Kokubun Koichiro-哲学は人生論でなければならない-

    11月号哲学者 國分功一郎 Kokubun Koichiro-哲学は人生論でなければならない-

    11/7

    保育園を呼ぶ声が聞こえる

    保育園を呼ぶ声が聞こえる

    週刊朝日

    8/24

  • たった1週間で頭がよくなる魔法の

    たった1週間で頭がよくなる魔法の"○○"

    BOOKSTAND

    5/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す