羽生結弦 GPファイナル開催地・トリノで得たクワッドアクセルへの決意

フィギュアスケート

2019/12/19 11:30

 イタリア・トリノで開催されたグランプリ(GP)ファイナルで、ミスが響き準優勝に終わった羽生結弦選手。米国のネイサン・チェン選手に大差をつけられ敗れたものの、羽生選手が前人未到のクワッドアクセルを完成させる時は目前に迫っているという。AERA 2019年12月23日号の記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • 羽生結弦「見とけ、世界!」 北京五輪を視野にクワッドアクセルへ挑む

    羽生結弦「見とけ、世界!」 北京五輪を視野にクワッドアクセルへ挑む

    AERA

    10/1

    「来季は限界の先へ行く」 羽生結弦の今季とクワッドアクセルへの道のり

    「来季は限界の先へ行く」 羽生結弦の今季とクワッドアクセルへの道のり

    AERA

    5/2

  • 「目標は五輪金ではなく、4回転半」 羽生結弦が挑む前人未到の大技

    「目標は五輪金ではなく、4回転半」 羽生結弦が挑む前人未到の大技

    AERA

    5/3

    羽生結弦「気持ちが高ぶっている」 4回転半を封印した理由

    羽生結弦「気持ちが高ぶっている」 4回転半を封印した理由

    週刊朝日

    11/14

  • 「勝てないと思ったけど…」 羽生結弦、チェンとの戦いで見せた“勝負師のプライド”

    「勝てないと思ったけど…」 羽生結弦、チェンとの戦いで見せた“勝負師のプライド”

    dot.

    12/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す