共通テスト「記述式見送り」でも問題は山積 強行を繰り返させてはいけない

AERAオンライン限定

2019/12/17 15:14

 2020年度から始まる大学入学共通テストで導入を予定していた国語と数学の記述式問題について、萩生田光一文部科学相は17日、見送りを発表した。萩生田文科相は会見で、「受験生の不安を払拭し、安心して受験できる体制を早急に整えることは現時点において困難」と述べた。英語民間試験に続き、大学入試改革のもう一つの目玉も失った。

あわせて読みたい

  • 共通テストに「記述式」は必要? 国立大学の9割が実施

    共通テストに「記述式」は必要? 国立大学の9割が実施

    AERA

    11/9

    大学共通テスト記述式 「大学生が採点かも」「自己採点できない」に悲鳴

    大学共通テスト記述式 「大学生が採点かも」「自己採点できない」に悲鳴

    AERA

    8/28

  • 共通テストの「国語の記述式」に第一人者が反対する理由 逆に自由な発想ができなくなる

    共通テストの「国語の記述式」に第一人者が反対する理由 逆に自由な発想ができなくなる

    AERA

    11/18

    反響続々!「大学入学共通テスト 英語民間試験は中止を」発売中のAERA掲載記事に

    反響続々!「大学入学共通テスト 英語民間試験は中止を」発売中のAERA掲載記事に

    8/27

  • 失敗を繰り返さないための三つの提言 大学入学共通テストの検討会議始まる

    失敗を繰り返さないための三つの提言 大学入学共通テストの検討会議始まる

    AERA

    1/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す