勇猛ゆえに利用され、裏切られ続けたクルド人 その苦難の歴史をまとめた

2019/11/08 08:00

 トルコによる侵攻で、シリア北部の居住地域を実質的に奪われたクルド人。背景にあるのは、ISとの戦いでは友軍関係にあったアメリカの「手のひら返し」だ。十字軍を退けるなど古来勇猛で知られるクルド人は、自らの国を持たないがゆえに大国や近隣国から利用され、裏切られ続けてきた。その苦難の歴史をまとめた。AERA 2019年11月11日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • トルコが侵攻のシリア国境は「第2のパレスチナ」に 田岡俊次氏がテロ警鐘

    トルコが侵攻のシリア国境は「第2のパレスチナ」に 田岡俊次氏がテロ警鐘

    AERA

    11/8

    イラクで拘束の常岡浩介さん 現地で見たIS支配地域の惨状

    イラクで拘束の常岡浩介さん 現地で見たIS支配地域の惨状

    週刊朝日

    11/22

  • 「胸が悪くなるほど邪悪」なIS最高指導者 その人物像

    「胸が悪くなるほど邪悪」なIS最高指導者 その人物像

    AERA

    11/7

    過激派組織ISにSNSで対抗する市民ジャーナリズム集団「RBSS」とは

    過激派組織ISにSNSで対抗する市民ジャーナリズム集団「RBSS」とは

    AERA

    5/13

  • 拷問や虐待で「自白」 イラク問題の背景に人権侵害

    拷問や虐待で「自白」 イラク問題の背景に人権侵害

    AERA

    7/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す