台湾は親日的なのに、韓国が反日的なのはなぜか? 明治初期の「バグ」が一因に (2/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

台湾は親日的なのに、韓国が反日的なのはなぜか? 明治初期の「バグ」が一因に

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
姜尚中(カン・サンジュン、右):1950年生まれ。政治学者。東京大学名誉教授。主な著書に『悩む力』『続・悩む力』『ナショナリズム』『維新の影 近代日本一五〇年、思索の旅』など多数/Danny Orbach:1981年、イスラエル生まれ。ハーバード大学で博士号(歴史学)取得。専門は軍事史、日本および中国近現代史。現在はエルサレム・ヘブライ大学アジア学部の上級講師(撮影/門間新弥)

姜尚中(カン・サンジュン、右):1950年生まれ。政治学者。東京大学名誉教授。主な著書に『悩む力』『続・悩む力』『ナショナリズム』『維新の影 近代日本一五〇年、思索の旅』など多数/Danny Orbach:1981年、イスラエル生まれ。ハーバード大学で博士号(歴史学)取得。専門は軍事史、日本および中国近現代史。現在はエルサレム・ヘブライ大学アジア学部の上級講師(撮影/門間新弥)

姜:改めて思ったのは、戦前の日本はファシズムではなく、内部がバラバラの状態だったということ。唯一、天皇陛下のもとで一つにまとまっているように見えたけれど、かなりセクショナリズムが強かったのではないか。そこがナチスドイツとは大きく違うのかもしれません。

ダニ:「植民地」としての朝鮮半島は天皇直属です。同じ「植民地」でも台湾は内閣直属でした。

姜:そうですね。今、日本人はどうして台湾が親日的なのに韓国が反日的なんだろうと考えますよね。でもそれは、台湾統治と朝鮮半島の統治の組織構造の違いを考えるとわかります。

ダニ:当時の大日本帝国憲法のわずかな権利すら民衆に与えず、総督が天皇の代理人として弾圧できたのが朝鮮でした。朝鮮では総督が代々陸海軍大将であったのに比べ、台湾では大正8(1919)年から昭和11(36)年まで貴族院議員の政治家が続きました。

姜:天皇直属となれば、時の政府も口出しはできません。台湾と朝鮮半島でどうしてこのような統治の違いになったのかが不思議なのですが、天皇統治とはある意味、統帥権が不可侵であるのと同じです。最終的に同化政策の時は、君たちは日本の本土にいる人たちと変わらない、ということになります。天皇の愛顧をみんなにあげるというのは大変な恩恵であるという発想です。それを天皇統治では一方的にどんどん進めていくことになり、朝鮮半島の日本に対する評価が変わってくるわけです。

(構成/編集部・三島恵美子)

AERA 2019年9月30日号より抜粋


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい