トップス1枚が月給相当 「バブルはじけた」キューバの現実

2019/09/16 11:30

 今や世界でも数少ない社会主義国として、独自の文化を育んできた。慢性的なモノ不足のなか、明るさを失わないキューバの人々の心も揺れている。AERA 2019年9月16日号に掲載された記事を紹介する。

あわせて読みたい

  • ローリング・ストーンズ、キューバの首都ハバナ公演が実現か

    ローリング・ストーンズ、キューバの首都ハバナ公演が実現か

    Billboard JAPAN

    3/1

    【写真特集】経済制裁と改革に揺れる社会主義国/キューバ

    【写真特集】経済制裁と改革に揺れる社会主義国/キューバ

    9/16

  • カストロ氏の訃報が流れた日、キューバで何があったのか?

    カストロ氏の訃報が流れた日、キューバで何があったのか?

    dot.

    12/11

    モノ不足でもコスプレ 「給料4か月分をウィッグに」キューバのアニメファン

    モノ不足でもコスプレ 「給料4か月分をウィッグに」キューバのアニメファン

    AERA

    9/16

  • カストロ前議長死去 600回命を狙われた英雄

    カストロ前議長死去 600回命を狙われた英雄

    週刊朝日

    11/30

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す