「似ているかは二の次」なのに映画「ロケットマン」が大ヒットした理由 (2/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「似ているかは二の次」なのに映画「ロケットマン」が大ヒットした理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木あずきAERA
主演のタロン・エジャトンとデクスター・フレッチャー監督がタッグを組むのは2回目。年の離れた兄弟のような仲の良さだ(撮影/写真部・掛祥葉子)

主演のタロン・エジャトンとデクスター・フレッチャー監督がタッグを組むのは2回目。年の離れた兄弟のような仲の良さだ(撮影/写真部・掛祥葉子)

キラキラ衣装に美麗なポップバラード、そしてゴージャスなステージとダンスシーンは必見。「ロケットマン」は8月23日から全国公開中 (c)2018 Paramount Pictures. All rights reserved

キラキラ衣装に美麗なポップバラード、そしてゴージャスなステージとダンスシーンは必見。「ロケットマン」は8月23日から全国公開中 (c)2018 Paramount Pictures. All rights reserved

「これほど巨大なポップアイコンが、自分の人生の闇の部分をこんなに赤裸々に表現するなんて、そうあることじゃない。モノマネをして安っぽい伝記映画みたいにはしたくなかった」(エジャトン)

「エルトンに似ているかどうかは二の次」で、エルトンの「心」を演じきろうとし、「人生の中でも特別な作品になった」という。

 モノマネや時系列重視の伝記スタイルをあえて避けたのは、大ヒット作「ボヘミアン・ラプソディ」の最終監督を務め、本作が監督としては3本目の音楽映画となるデクスター・フレッチャー監督の選択でもあった。

「エルトン・ジョンというと、ド派手な衣装の道化師みたいなイメージが流通しているけど、そういう表層だけで勝負したくなかった。僕たちが追求したのは、もっともっと深いレベルでの人間理解だった」(フレッチャー監督)

「ロケットマン」は一見すると躁状態と思えるほど、にぎやかでスピード感のあるポップミュージカルだ。だが、フレッチャー監督の言葉どおり、その背景には多くの裏テーマが潜んでいる。

「現代的な問題がたくさん出てくるよね。親や家族との関係、メンタルヘルス、セクシュアリティー……。ひとごとじゃないと思う人も多いと思う」(同)

 全編を貫く大きなテーマが親子関係だ。エルトン・ジョンは、両親からの愛情を感じられずに育ったからだ。

「複雑な親子関係だよね。映画では描ききれなかったけれど、エルトンの母親は若いときにずっと年上の相手(エルトンの父親)と出会って、愛のない結婚をしてしまった。50年代のイギリスでは、女性はクレジットカードも持てないし、住宅ローンも組めない。不幸な結婚から抜け出せなくなってしまったんだよ。映画でのあの姿は、そういう背景があってのことなんだ」(同)

「父親も感情を見せるのは弱さと考える世代の人だしね。子どもをハグするなんて、軟弱だと思っている。まさにあの世代に典型的だと思う」(エジャトン)

 だが、両親を「絵に描いたような悪人」として描きたくなかった、と監督は言う。

「この世に一面的な、単純な悪人なんていないよ。僕らはみんな、与えられた人間関係の波の中を、何とか航海しながら生きていかなきゃいけないんだ」


トップにもどる AERA記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい