BTS、小さな「幸せ」にテンション爆上げ…ドキュメンタリーで見せた素顔とプロ意識 (1/3) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

BTS、小さな「幸せ」にテンション爆上げ…ドキュメンタリーで見せた素顔とプロ意識

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA
2013年に韓国で、14年に日本でデビュー。7月3日に発売された日本10thシングル「Lights/ Boy With Luv」は、初週62.1万枚を売り上げる大ヒットを記録 (c)2019 BIG HIT ENTERTAINMENT Co.Ltd., ALL RIGHTS RESERVED.

2013年に韓国で、14年に日本でデビュー。7月3日に発売された日本10thシングル「Lights/ Boy With Luv」は、初週62.1万枚を売り上げる大ヒットを記録 (c)2019 BIG HIT ENTERTAINMENT Co.Ltd., ALL RIGHTS RESERVED.

 韓国で生まれ、今や世界のミュージックシーンで活躍するBTS。彼らのツアードキュメンタリー映画「BRING THE SOUL:THE MOVIE」が、8月7日から12日間限定で世界同時公開される。

【BTSのフォトギャラリーはこちら】

*  *  *
 グラミー賞の授賞式で、アジアのアーティストとして初めてプレゼンターを務め、ビルボードミュージックアワードで2冠達成。ホールジーやエド・シーランをはじめとするポップス界のビッグネームとのコラボレーションに、ユニセフのグローバルサポーター就任……。

 連日のように飛び込んでくるビッグニュースの主人公、それが7人組のボーイズグループBTSだ。

 韓国の弱小事務所から生まれ、デビューから5年足らずで、“アジアの音楽を無視してきた”アメリカやイギリスをはじめとする世界のミュージックシーンに、風穴をあけた。

 今月7日に全世界同時公開される映画「BRING THE SOUL:THE MOVIE(ブリングザソウルザムービー)」は、昨年8月、韓国・ソウルでスタートし、今年4月まで全世界20都市、計42公演で125万人の観客を動員した「BTS WORLD TOUR“LOVE YOURSELF”(ワールドツアーラブユアセルフ)」に密着したドキュメンタリーだ。MLBのニューヨーク・メッツのホームグラウンドであるシティーフィールドで4万人を魅了した北米ツアーから、イギリス、ドイツ、オランダ、フランスを回ったヨーロッパツアーまでの彼らの姿を追う。

 物語は、ヨーロッパツアー最終日の翌日、7人がフランス・パリの小さなルーフトップテーブルに集まるところから始まる。ワイン片手にコース料理に舌鼓を打ちながら、これまでのツアーについて振り返る7人。映画はその“打ち上げ”風景と、各地でのライブステージ、ARMYと呼ばれるファンの熱気やその舞台裏を交互に挟みながら進んでいく。そこには、歯の浮くようなナレーションも、ドラマチックな演出もない。ステージという「光」の世界と、そこに向かうまでの「影」の世界を行ったり来たりする彼らの姿を、ありのまま、淡々と映し出すだけだ。


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい