東浩紀「平成を振り返る小説や映画の中に政治を描いた作品は生まれるのだろうか」

eyes 東浩紀

東浩紀

2019/07/11 16:00

 批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。

あわせて読みたい

  • 東浩紀「ポピュリズムとフェイクにのみ込まれ、民主主義が機能不全に陥った時代」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「ポピュリズムとフェイクにのみ込まれ、民主主義が機能不全に陥った時代」

    AERA

    1/14

    東浩紀 安倍内閣と北朝鮮、「共通するのは次々新展開が訪れる劇場型政治ということ」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀 安倍内閣と北朝鮮、「共通するのは次々新展開が訪れる劇場型政治ということ」

    AERA

    5/24

  • 東浩紀「ウクライナと連帯しつつ、現実の複雑さを忘れずに」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「ウクライナと連帯しつつ、現実の複雑さを忘れずに」

    AERA

    3/15

    東浩紀「GoToトラベルは『耳を傾けすぎる政府』の弊害が現れている」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「GoToトラベルは『耳を傾けすぎる政府』の弊害が現れている」

    AERA

    7/30

  • 東浩紀、ロシアの収容所跡で思う「日本人の忘れっぽさ」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀、ロシアの収容所跡で思う「日本人の忘れっぽさ」

    AERA

    11/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す