生徒から暴行されても事件化NGの風潮 鴻上尚史が斬る! (1/2) 〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

生徒から暴行されても事件化NGの風潮 鴻上尚史が斬る!

このエントリーをはてなブックマークに追加
AERA#教育

鴻上尚史(こうかみ・しょうじ)/作家・演出家。早稲田大学在学中に劇団「第三舞台」を旗揚げ。現在、「KOKAMI@network」と「虚構の劇団」を中心に活動

鴻上尚史(こうかみ・しょうじ)/作家・演出家。早稲田大学在学中に劇団「第三舞台」を旗揚げ。現在、「KOKAMI@network」と「虚構の劇団」を中心に活動

小中学校の不登校の子どもは14万4千人超(AERA 2018年12月10日号より)

小中学校の不登校の子どもは14万4千人超(AERA 2018年12月10日号より)

 生徒から暴力を受けて後遺症が残るほどの重傷を負った教師。職場は事件にノータッチで、自ら警察に被害届を出すと、教育関係者から非難されたという。そんな教育界の風潮について、作家・演出家の鴻上尚史さんが苦言を呈する。

【グラフでみる】小中学校の不登校の子どもの数はこんなに…

*  *  *
●先生の悩み

 私は小学校教員免許を持ち、学校の教壇にも立っていました。現在フリースクールの教員です。昨年まで児童館にも勤務しており、業務中に小2男児にバットで側頭部から頸部を殴られました。打撲で首の神経や脳に後遺症が残り、右耳の聴力をほぼ失いました。PTSDになり心療内科に通っています。そのため、常勤職を諦めざるを得なくなりました。

 加害児童の親子からは、謝罪や賠償金はありません。職場では通報してもらえず、自分で警察に被害届を出しました。加害児童は傷害罪として児童相談所に送致され、その後は家庭裁判所の保護的措置になったと聞いています。

 しかし、教育関係者が集まる交流会では、事件を「単なる事故」と切り捨てられ、「児童が感情をむき出しにするのはむしろ良いこと」「小学生をなぜそこまで追い詰めるのか」と逆に非難されてしまいました。

 他にも、児童から激しい暴行を受けて我慢している先生の話はいろいろ耳にします。教育現場であっても、子どもであっても、「暴力は犯罪」という認識がもっと広がるべきではないでしょうか。(20代女性教員、大阪府)


トップにもどる AERA記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい